背中 ニキビ跡 消す

背中のニキビ跡を消す ブツブツ背中を短期で治す方法

背中のニキビ跡を消すには「予防策」をどんなにやったって無駄です

 

こんな事やってませんか?

 

 

  • お風呂の入り方を変えた
  • 食事内容を改善した
  • ちゃんと睡眠を取る様にした
  • 皮膚科のニキビ薬を使った
  • ドラックストアの薬を塗った
  • とりあえず保湿を塗った

 

どうでしょうか?これらの事をやった人は
おそらく、全く効果が無かったハズです。

 

これらの事はニキビの予防、もしくは、
初期段階の症状にしか効果がありません。

 

ニキビの予防や、初期段階の治し方と、
跡やシミの治し方は全く異なります。

 

背中のにきび跡を消すにはどうすればいいでしょうか?

 

背中ニキビ跡を消すには、肌の奥、
角質層の内部から治す事が重要です

 

ニキビ跡・シミを消す4つのポイント
でも詳しく解説していますが、

 

色素沈着したニキビ跡やシミは
角質層の内部から炎症を抑える為に
グリチル酸2kやプラセンタの成分を
肌奥まで浸透させ保湿する事が必要。

 

これらの薬用成分で保湿する事で
短期間でニキビ跡やシミを消せます。

 

⇒実際に使った結果|3ヶ月後の私の写真

 

 

 

こんな症状に効果的です

 

  • 背中のニキビ跡がずっと消えない
  • 跡がシミのようになっている
  • 赤みが目立ち、ブツブツがひどい
  • 黒ずみやシミが増えてきた
  • 背中のブツブツがいつも繰り返す
  • 皮膚科の薬を塗っても治らない

 

肌の深層部である角質層の奥・真皮層まで
素早く浸透し、内部まで広がった炎症を抑え
美白効果で色素を排出して白く綺麗な肌に。

 

皮膚科の薬でも使用されるグリチル酸と、
美肌・美白効果に優れた水溶性プラセンタが
肌の奥深くからニキビ跡やシミを消すのです

 

 

 

⇒すると、3ヶ月でここまで治りました。

 

 

跡やシミを消す方法

薬用成分を浸透させて内側から消す事

 

ずっと治らなかった背中のブツブツ跡や
シミのような色素沈着の跡や黒ずみは、
丁寧に洗うだけのケアでは治りません。

 

どんなに丁寧に体をこすっても、ニキビ専用
の石鹸を使っても、肌奥の角質層の奥にある
真皮層のダメージは治らないのです。

 

跡・シミを早く確実に治すためには
真皮層まで浸透する薬用成分を使う事
肌の内側から治すので早く確実に治ります。

 

塗った直後に肌奥に染み込むのが分かります

 

 

 

結婚式2ヶ月前でもアッサリと治った実例も

 

超浸透型の薬用保湿クリームは、
角質層の奥に定着した色素を排除して、
奥の炎症を抑え、潤いを保つ事が可能。

 

角質層の奥まで浸透するから、真皮層の痛み
は短期間で修復され、ターンオーバーを整え
る事で新しい皮膚細胞が早く生まれます。

 

 

実際に、この成分を使って10年近く悩んだ
ニキビ跡が、結婚式2ヶ月前だけのケアで、
完全に治ったという実例があります。

 

 

⇒実際の私の写真|ビフォーアフター画像

 

 

薬用成分・美白・美肌成分で早く消す事ができます

 

グリチル酸2K

 

病院・皮膚科の治療薬にも処方・配合され、
ニキビの炎症を抑え、赤みを消す効果アリ。
毛穴の雑菌やアクネ菌を瞬時に除去します。

 

水溶性プラセンタ

 

角質層の奥まで浸透する美白・美肌成分。
保湿効果がバツグンで、メラニン色素を
排除しながらターンオーバーを促進させる

 

コラーゲン

 

肌にハリや弾力を与えボコボコのニキビ跡
でも短期間でなめらかな肌に変えます。
コラーゲンは真皮層の修復に欠かせません。

 

 

 

⇒実際に使い、背中がここまで治りました

 

 

エステやクリニック治療はどうなの?

 

背中・デコルテなどのニキビ跡を治す場合、エステや美容クリニック、皮膚科のような医療機関での施術も選択肢の一つです。ただし、初期段階の吹き出物と違い、色素沈着してるニキビ跡やシミは、保険適用外の自費治療がメインになります。フラクショナルレーザーやCO2レーザーの照射・ケミカルピーリング・イオン導入・ホルモン注射・ヒアルロン酸注入を専門の医師が全身の肌質などを診察し、今までの症例をふまえてその人にあった施術内容を提案してくれます。クリニックによっては全身の肌も診察してくれる所もあるようです。ただ、問題なのは費用・料金がかなり高い事です。
保険適用外の施術なので全額自己負担となり、レーザー照射などはサロンでの脱毛料金なみに高くなります。ニキビ跡やシミは皮脂分泌を抑えるだけでなく、角質に染みついた汚れやメラニンを体外へ排出させる事が重要です。ですから、自宅ケアであれクリニック治療であれ、必ず美白効果の高いプラセンタ成分や高濃度ビタミンCを浸透させて乾燥を防ぐ事が必要。また、紫外線や加齢・男性ホルモンによる活性酸素の増加も色素沈着の原因になります。

 

あなたの背中の跡、どのタイプ?

まずは症状別で判断。
あなたの背中、どのタイプですか?

 


 

跡やシミを治すには3〜4ヶ月あれば十分

 

真皮層を治せるから治りが早い

 

角質が厚く、色素沈着が起こりやすい背中の
ニキビ跡を消すには、浸透力に優れた成分を

 

角質層の奥の真皮層に直接浸透させる事で
3ヶ月もあればニキビ跡はキレイに治せます

 

背中のニキビ跡を消す場合に大切なのは

 

  • 奥まで広がった炎症を抑える事
  • 角質層の奥からうるおいを保つ事
  • 美白効果でメラニンの生成を抑える事
  • 真皮層まで浸透して内側から治す事

 

真皮層は自然に治る事がありません。
だからこそ、浸透力の高い薬用成分を
直接送り届ける事が重要なのです。

 

 

⇒実際の私の写真|ビフォーアフター画像

 

 

染みついた跡だって消える!もちろん、シミや黒ずみも消える

 

 

 

 

シミや黒ずみ・色素沈着も消す事ができます

 

シミのような茶色い跡は角質層の奥まで炎症
が広がり、色素沈着してる事が原因。
角質層の奥の色素を排出すると消えます。

 

美白効果に優れた薬用クリームだから、
メラニンの生成を抑えながら、皮膚細胞を
生まれ変わらせる事ができます。

 

これで赤茶色に色素沈着したニキビ跡や、
大量のシミや黒ずみまで綺麗に消えます。

 

水着を着る前には、かなり効果的です♪

 

 

⇒シミも消える美白効果|3ヶ月後の写真

 

 

 

肌のターンオーバーがカギ

 

早く跡を消すには、角質層の奥に薬用成分
を直接浸透させ、潤いを保ち続ける事で、
短期間に確実に治す事ができます。

 

ターンオーバーを促進させる事により
肌奥の色素を肌の外まで持ち上げて排出。
だからコラーゲンやプラセンタが必要です

 

プラセンタやコラーゲンなどの美しい肌を
作る成分とニキビの炎症を抑える成分で
保湿する事でニキビ跡は消えていきます

 

 

 

ターンオーバーの重要性

 

肌の新陳代謝である「ターンオーバー」は、肌を綺麗に若く保つ最も重要な肌機能です。幼少期〜思春期にかけて肌がツルツルなのはこのターンオーバーが活発に促進されているからです。また女性の生理前にニキビや吹き出物や肌荒れが多発するのもホルモンバランスが崩れて、ターンオーバーが乱れるのが原因です。つまりニキビ跡やシミを治す場合も、自宅でのスキンケアを正しくしてあげる事で、ターンオーバーは正常になりニキビや吹き出物の再発は防ぐ事ができます。古い角質を落とし、新しい皮膚細胞を生み出す事で、さらなる悪化を防ぎ、凸凹のクレーターニキビ跡に発展するのを防止。このためには、市販のサプリメントや塗り薬・入浴対策では解決させる事ができません。ターンオーバーを短期間で正常化させるには、肌奥まで浸透する薬用クリームで保湿してあげる事が必要不可欠です。

治るまでにはどれくらいの期間がかかる?

 

角質層の奥まで浸透する薬用保湿を使う場合
約1ヶ月半〜3ヶ月程度で消えていきます。

 

私の場合はニキビ跡が色素沈着してひどい
状態でしたが、3ヶ月で完治しました。

 

使用後2週間くらいで赤みが消えていき、
1ヶ月目には目立たなくなってきた感じです

 

肌の外と内側のW効果で治すから、短期間で
結果が出るので、背中ニキビ跡ケアの中では
日本一の実績。使用者の9割が完治してます

 

短期間で治したい人に最適です

 

 

⇒実際に使い、3ヶ月でここまで治りました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

背中のニキビ跡を消す方法

 

背中のニキビ痕にはいくつかの種類があり、治し方にも数通りの治し方があります。一般的にはニキビ痕を消すというのは非常に難しいという印象があると思いますが、実際の所は、「皮膚科や病院・エステ」などに行かずとも、ある程度の状態ならば自宅ケアでも、3〜4カ月程度あれば治す事ができます。ニキビ跡の症状には、ニキビの炎症が進行して、うっ血したように赤みが残った「赤みニキビ跡」・次に、炎症が角質層の奥まで進行してメラニン色素が染みついてるように、赤茶色や黒っぽいシミのように残ってしまった「色素沈着」・そして最後は、炎症が角質層の奥にある「真皮層」まで広がり、凸凹のようにえぐれた様な状態になってる「クレーターニキビ跡」があります。そして最後にニキビ跡の中で一番厄介なのが「ケロイド」といわれる状態です。ただし、背中のニキビ跡の場合は、ケロイドの状態になってる人は少ないです。背中の肌トラブルで最も多いのは、「赤み」「色素沈着」「シミ」のような状態ではないでしょうか。このようにスグに背中の肌が荒れて、吹き出物やニキビ、ニキビ跡ができる人の特徴として、「男性ホルモンが多い」という特徴があります。毛深かったり、汗を多くかく人、体臭がキツイ人などは、男性ホルモンが活発なので、皮脂分泌が多くて詰まりやすいです。そして、皮脂が毛穴に詰まる事でアクネ菌が増殖・繁殖するので炎症を起こしてニキビになり、紫外線やお風呂でのゴシゴシ洗いなどの外的刺激によりメラニンが大量に生成されてシミのようなニキビ跡になります。また、乾燥もニキビ跡に発展する大きな原因の一つです。背中のニキビ跡を消すにはとにかく、奥まで広がった炎症を抑えて、肌内部の保湿状態を維持してターンオーバーを活性化させ、メラニン色素を消すように美白成分を浸透させる事が必要。これを専門的に機械や器具を使ってやってくれるのが病院や美容皮膚科クリニックでの高額治療である、「レーザー治療やケミカルピーリング・フォトフェイシャル・イオン導入・FGF治療」などがあります。これらの治療では最終的にビタミンC美容液やプラセンタエキス・ハイドロキノンなどのような美白成分を浸透させるのが目的です。もちろんニキビの炎症を抑えて殺菌してあげるだけでも皮膚トラブルは徐々に治っていきますが、ニキビ跡のような真皮層のダメージになると、炎症を抑えるだけでは治す事は不可能。かならず、ターンオーバーを促進させながら、先ほどの美白成分たっぷり有効成分を真皮層まで浸透させる事が必要です。ただし、美白成分を肌奥まで浸透させるのは非常に難しく、皮膚科などでも機械や器具を使ったりして浸透させていきます。つまり、自宅ケアで治す場合でも「奥まで浸透する美白成分」を使用することで、長年消えなかった背中のニキビ跡やシミでも短期間で消す事が可能になります。ですから現在、保湿や美白クリームだけでなく、ビタミンcやプラセンタエキスなども大量に配合した化粧水などが大人気なんですね。CMなどでよく見る「オバジC」などは高濃度ビタミンC成分で作られている代表薬です。また、お風呂で洗う場合もできるだけニキビ専用石鹸やボディシャンプーを使った方が効果的です。ニキビ用石鹸などのメリットは何といってもその薬用成分です。グリチル酸ジカリウムやサリチル酸といったアクネ菌の炎症や雑菌を殺菌して食い止める効果があり、ニキビ薬では必ず使用されるくらい効果的な薬用成分です。ニキビ跡の場合、このような石鹸で洗っただけで治る事はありませんが、新しいニキビの防止・予防・今以上に悪化する事を防ぐ事ができます。肌のバリア機能を高めて清潔は皮膚にする事で綺麗な背中に近づける事ができます。また、皮膚科などでは、ビタミン剤やレチノイド製剤・抗生物質やビタミン系のお薬を処方してもらいながら自宅ケアするのも非常に効果的。自宅ケアで使用する薬用クリーム以外に病院代もかかりますが、効果は抜群です。背中ニキビって本当に厄介な物で、肌が綺麗な人にしてみれば、「たかがそれくらい・・」なんて思う人もいらっしゃるでしょうが、ニキビが多い人にとっては本当に深刻な悩みなんですよね。場合によってはうつ状態になる事もあるくらいです 背中の跡やシミ・色素沈着したたくさんブツブツが広がった状態を治したいけどどういうケアをしていいのか分からないという人はかなり多いと思います。背中にきびの原因はシャンプーや石鹸、ボディーシャンプーの流し方がたりない事や清潔にしてない事が原因だと良く言われますが、本当はそれだけが原因ではありません。背中も顔同様、体質や食生活によるものが多いんです。また、ひどい人になると首から胸、腕、二の腕、背中、さらにはお腹にまで出来るのが特徴です。この汚くなってしまった跡を消す場合、肌内部まで浸透する薬用クリームの使用が一番効果的です。現在、ケア商品や背中にきびケア商品はたくさん存在してますが、@コスメや通販の人気ランキングで、一番人気があるのがこの薬用成分配合の薬用保湿クリームです。このクリームはどんな化粧品も合わない人や凄く敏感肌の人も問題なく使える事で有名な美白ジェル。今まではジュエルレインやオルビスのクリアボディローションなどが有名でしたが、最近ではさらに新しく効果の高い、サラスべやルフィーナが有名です。またこのクリームは日本製で無添加なので肌に刺激が無く、乾燥を肌奥から防いでくれるのでプルプルな状態がずっと続きます。現在、背中のニキビ痕を消す事ができていない人は、まず、肌のターンオーバーの促進と、色素沈着を消すための美白効果を肌に与えてあげる事が重要です。痕やシミを消す場合、洗うだけのケアでは治りません。色素沈着した状態の原因は、肌の奥の真皮層という部分が炎症や紫外線などが原因で傷つき、メラニン色素が大量に排出され、肌内部に定着してる事が最大の原因となります。このような事から、色素沈着を治すためには、まずは炎症や紫外線などのダメージを抑え、肌の乾燥を防いでターンオーバーを促進させる事が重要なポイントとなってくる訳です。背中のニキビ跡を消す場合、病院や皮膚科に行けばレーザー治療やピーリング治療を勧めるクリニックが多いのですが、これにはかなりの費用がかかりますし、時間もかかります。仕事をしている人や、一般の人ではなかなかできないのが現状です。これについては私も経験がありますが、レーザー治療などの高額な治療では無く、一般診療を受診した場合、ほとんどの人が治らないと思います。というのも皮膚科や病院の保険適用の治療薬には、色素排出させる為に必要な美白成分は入っておらず、薬の浸透力自体も低いので、肌の表面までのケアしかできません。色素沈着した状態は肌内部の問題です。背中のニキビ跡やシミも肌の表面にしか効かない薬をどんなに使っても消す事はできません。何度も言いますが、早く消すためのポイントは肌の潤い保持とターンオーバーと美白です。この事を念頭にケアしていく事で短期間で綺麗な状態に治す事ができます。また、補助的な要因としては運動やストレッチ、食生活の改善などを考慮する事で間接的にではありますが、若干の効果が期待できます。また、背中のニキビ跡を消すための手段としては、洗浄と保湿を合わせる方法もあります。この場合は、お風呂で背中や体を洗う際、ニキビ専用の洗顔石鹸を使用し、モコモコの泡を立てて優しく洗う事で毛穴の奥に詰まった皮脂や雑菌を綺麗に落とし、ニキビの原因となるアクネ菌を除去する事ができます。また、保湿効果の高い洗顔石鹸で洗う事ができれば、肌に保護膜を作り、肌のバリア機能を高める事も可能になります。まずはお風呂でこのように洗う事で、ニキビ跡というよりも、ニキビの原因を経ちます。そしてその後、お風呂上りなどに美白成分を含んだ保湿クリームをすり込む事でニキビ跡の最大の原因である、「メラニン色素」を徐々に薄くしていく事ができます。もちろん、この際に使う保湿クリームは肌への浸透力が非常に高いものがよいでしょう。浸透力が無ければ、ニキビ跡やシミの原因である「真皮層」まで有効成分が届かず、肌の奥までキチンと治す事ができません。ですから、背中のニキビ跡を消す際は、必ず浸透力の高い美白成分を使いましょう。洗う・美白成分で保湿するという事を継続すれば、驚くほど早く治っていきます。