背中 ニキビ跡 治す

背中のニキビ跡を治す|跡がシミのようになって汚い

背中のニキビ跡を治す|跡がシミのようになって汚い

背中のニキビ跡を治すには初期ニキビと違い
肌奥の角質層から修復する事が必要。
シミのように茶色くなってる場合も同様です

 

シミのように色素沈着した背中ニキビ跡は
肌の表面と内部、両方から治していきます
角質層内部のメラニンの生成を抑えるんです

 

背中という場所は、非常にケアしずらく、
顔のように、こまめに洗う事ができません。
だから、ニキビが悪化しやすい場所なんです

 

 

⇒肌の内と外からのWケアで治す 薬用クリーム

 

背中や胸のように、こまめに洗顔できない所は
徹底的に内部から修復する為に保湿する事。

 

グリチル酸2kやプラセンタ等の
ニキビの炎症やメラニンを内部から抑えてくれる成分で
徹底的に保湿する事でシミのようなニキビ跡は消えていきます。

 

⇒2週間で効果を実感 角質層の奥からニキビ跡を修復

 

背中のニキビ跡やシミ・黒ずみを治すには?

 

ニキビ跡やシミ・黒ずみを治すには、
角質層内部からメラニンの生成を抑え、
炎症を抑える事が必要です。

 

角質層は自然には修復できませんから
グリチル酸2kやプラセンタを浸透させて
薬用成分で保湿し、修復させる事が大切。

 

また、シミのようになったニキビ跡は
メラニンの色素沈着が原因です。
プラセンタやグリチル酸2kでメラニンの生成を抑えます。

 

 

⇒2週間で実感した 私が使った薬用クリーム

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加