背中 ニキビ 全体

背中のニキビ跡が全体に広がっている|肩周辺までシミみたいに汚い

背中のニキビ跡のシミが全体に広がってる時の対処法

背中のニキビ跡が肩回りまで全体に広がって
赤茶色いシミみたいに全体に広がってる場合
色素沈着を抑えるケアで治ります。

 

ニキビ跡による色素沈着は角質層の奥の炎症
や化膿により赤茶色の色素が残ってる状態。

 

炎症による血管の血のにじみがヘモグロビン
やメラニンが原因で残ってるんです。

 

 

ニキビ跡の色素沈着は、ニキビ跡の中では
治りやすい部類ですので安心して下さい。
角質層の奥から修復すると早く治ります。

 

ただし、ニキビ跡は自然に治りません。
お風呂の入り方や食事内容の改善位では
100%治らないのです。

 

ニキビ跡の原因は角質層の奥です。
角質層の奥は自己修復できませんから、外部
から薬用成分を与えてあげる事が必要です。

 

背中全体のターンオーバーを正常化させるとニキビ跡のシミが消える

 

背中全体にニキビ跡の色素沈着が広がっ
てる場合は、肌全体が乾燥してる証拠。

 

乾燥してるから新陳代謝が落ちて、ターン
オーバーが遅れ、奥の色素が排出できない
状態だから色素がそのまま残ってるんです。

 

ニキビ跡の色素沈着を治すには、角質層内
の炎症を抑え、ターンオーバーを正常化さ
せる事で一気にに治っていきます

 

角質層の奥のメラニンを抑える事で早く消える

 

ニキビ跡の色素沈着はメラニン色素の除去も
必要になります。どんなにターンオーバーを
正常化させても、メラニンがシミを作ります

 

乾燥してる範囲の広い背中の色素沈着は、
水溶性プラセンタ配合の薬用保湿を塗る
事で短期間に治す事ができます。

 

プラセンタにはメラニンの生成を抑える効果
があり、美白効果に優れています。

 

またターンオーバーを促進させる効果に優れ
てますから、色素排出がスムーズになります

 

 

⇒実際に薬用保湿で背中ニキビを治しました

 

背中全体に広がったニキビ跡は浸透力の強い薬用保湿で治す

 

通常、ニキビ跡のシミや凸凹を修復するには
ビタミンC誘導体が有名ですが、ビタミンC
は非常に値段が高いのがデメリット。

 

顔のような狭い範囲なら、ビタミンC誘導体
がオススメですが、面積の広い背中では
ビタミンC誘導体は価格が高すぎるのです。

 

背中のニキビ跡を治す場合、
浸透力の強い薬用成分の保湿が効果的。
ビタミンCより費用が安く、角質層の奥の
炎症を抑えて背中ニキビ跡を治します。

 

⇒実際に薬用保湿で背中ニキビ跡を治しました

 

背中のニキビ跡を治す薬用保湿とは?

 

浸透力の強い薬用保湿とは

  • 角質層の奥まで浸透する
  • 角質層の奥の炎症を抑える
  • 角質層の奥の水分保持に優れている

このような保湿です。

 

ニキビ跡の原因は角質層のダメージですから
角質層から修復できる物でないと、
全体に広がった色素沈着は100%治りません

 

通常の保湿クリームは、肌表面の乾燥を防ぐ
だけの物。炎症を抑える効果はありませんし
角質層の修復はできません。

 

 

⇒91%の人が治った 背中ニキビ専用薬用保湿