背中 色素沈着 治す

背中の色素沈着したニキビ跡を治す方法|1日5分の保湿が劇的に効く

背中の色素沈着(ニキビ跡・シミ・黒ずみ)を治すポイント4つ

背中の色素沈着を消すためには、
角質層の奥から修復する事が重要です。

 

長年消えないニキビ跡や黒ずみ、年々増えてくるシミは「色素沈着」という症状で、肌の内部にメラニンが大量に染み付いてる状態。

 

この色素沈着を治して、ニキビ跡やシミを消すには、重要な4つのポイントがあります。

 

  • 奥まで広がった炎症を抑える
  • 角質層の奥から潤いを持続させる
  • ターンオーバーを促進させる
  • メラニンの生成を抑えて排除する

 

これらのポイントを守る事で、ずっと消えなかった背中のニキビ跡やシミでも短期間で治せます。肌奥から潤いを保ち、メラニンを排除するための美白ケアが必要になります。

 

 

 

 

⇒すると、2〜3ヶ月でここまで治ります。

 

 

 

背中の色素沈着を治療するには原因を知る事

 

なぜ色素沈着してしまうのか?

 

ニキビ跡やシミといった色素沈着は、肌内部が乾燥し、炎症とメラニンが広がってる事が原因。

 

ニキビの炎症は乾燥してる状態だと一気に奥まで広がりますし、肌に有害な紫外線も乾燥してると角質層の奥まで到達します。

 

ニキビの炎症も紫外線の刺激も、角質層内部にダメージを与えてしまい、皮膚細胞はメラニンを生成し皮膚を守ろうとします。

 

このメラニンの生成こそ色素沈着の原因。
つまり、ニキビ跡やシミを治すにはメラニンを消す美白成分を浸透させる事が必要になります。

 

 

⇒実際の私の写真|ここまで治せました。

 

 

角質層の奥まで乾燥してる事が原因

 

腰周りや背中に黒ずみができやすいのも、肌の奥まで乾燥してる事が原因です。

 

冬には肌が乾燥してボリボリかく人が多いですが、この刺激がメラニンの生成の原因になり、色素沈着して黒ずみが発生します。

 

パンツやブラのこすれが黒ずみになるのも、乾燥して奥まで炎症が広がる事が原因です。

 

色素沈着が治りにくいのはなぜ?

 

色素沈着が起きるとなかなか治らないのは、
角質層の奥の真皮層が痛んでいるから。

 

角質層の奥・真皮層は自己修復能力が無いので自然には消えてくれないのです

 

 

⇒色素沈着を消す薬用クリーム|使った感想

 

 

背中の色素沈着やニキビ跡を治すには角質層の修復がキモ

 

ニキビ跡や紫外線・刺激による色素沈着を治すには角質層の奥の修復が大前提。

 

色素沈着を治すには、角質層の奥に定着した
メラニン色素を体外に排出させる事でしか
綺麗に治す方法はありません。

 

原因は肌奥の角質層の奥・真皮層です。

 

ですから、お風呂の入り方の改善や食生活の改善だけは100%治りません。

 

角質層の奥を修復する為には薬用成分で炎症
を抑え、肌の内側にうるおいを保つ事です。

 

 

⇒実際に使った感想をまとめました

 

 

角質層の奥を修復させるには?

 

角質層の奥・真皮層を修復させるには、肌の奥まで浸透する薬用保湿成分が必要です。

 

皮膚科の薬で色素沈着が治らないのは、浸透力が弱く、肌表面までしか修復できないからです

 

色素沈着を短期間で治すには

  • 角質層の奥まで浸透
  • 肌奥の炎症を抑える
  • 角質層内部に潤いを保つ
  • ターンオーバーを促進させる
  • 美白効果に優れている

薬用成分を浸透させる事で早く治ります

 

 

⇒2週間で効果を実感|実際に使った感想

 

 

 

背中の色素沈着を治す為の1日2回の薬用クリーム

 

色素沈着を治す方法はただ一つ。

 

角質層の奥から炎症を抑え、保湿状態を保ちターンオーバーを促進させて、色素を体外に排出させる事。

 

自己修復能力の無い真皮層だからこそ、外部から薬用成分を浸透させる事が必要です

 

浸透力の高い薬用クリームを使う事で、
角質層の奥の真皮層の修復ができます。

 

1日2回薬用クリームを塗るだけ

 

朝と夜のお風呂上がりの計5分だけで、
自宅で短期間に背中の色素沈着が治ります

 

 

⇒実際の私の写真|ここまで治せました。

 

 

 

 

 

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加