ニキビ跡 赤み 背中

2週間で変化を実感|背中のニキビ跡の赤みを治す2つの成分

背中のニキビ跡の赤みを消す2つの成分|2週間で効果を実感

 

背中のニキビ跡の赤みが消えないのは、
肌の角質層の奥まで炎症が広がっていて
ターンオーバーが停滞してるから。

 

初期の背中ニキビは肌表面にできますが
放置してたり、間違ったケアをしていると
角質層の奥まで炎症が広がっていきます。

 

赤みが消えないのは、角質層内部の毛細血管
から出血し、その周辺は炎症で赤く腫れて
血液の中のヘモグロビンが肌に残る為です。

 

血中のヘモグロビンの色素は赤い色素なので
時間が経つと赤茶色のニキビ跡になります

 

 

⇒こんなケアではダメ|理由と正しい対処法

 

背中のニキビ跡の赤みは自然には消えにくい

 

背中ニキビに限らず、顔のニキビの赤みも同じですが、半年以上消えないニキビの赤みはニキビ跡に発展してる事がほとんど。

 

ニキビ跡の赤みは角質層の奥に原因があるので、入浴法を変えたり、食事内容を変えても治る事はほぼありません。

 

入浴法や食事で改善できるのは、初期段階のニキビまで。赤みが消えなかったり、ニキビ跡に発展してる場合は効果が無いのです。

 

ニキビ跡の赤みは角質層の奥を修復する事

 

浸透力の高い薬用クリームを使う事で、肌の奥から治せるので短期間で消す事ができます

 

 

⇒実際に使用した感想をまとめました

 

 

背中のニキビ跡の赤みや色素を消す2つの成分

 

赤みやシミのようなニキビ跡を消すには、
グリチル酸2K
水溶性プラセンタ
この2つの成分が急速に色素を消します。

 

顔のような狭い範囲にできたニキビ跡の赤み
ならば、高濃度のビタミンCが効果的ですが
背中の広い範囲に使うには値段が高すぎます

 

そこで次に効果的なのが、この2つの成分。
医学界でもニキビ跡修復に効果的と認められ
高濃度ビタミンCより、はるかに安い。

 

 

⇒2つの成分の効果をまとめました

 

 

なぜニキビ跡を早く消す事ができるのか?

 

グリチル酸2K

 

この成分は皮膚科の薬にも使用される薬用成分で、ニキビの炎症を抑える効果に優れています。

 

角質層まで広がった炎症を抑える事ができるので、肌の内側から白い肌を作れるのです。

 

水溶性プラセンタ

 

角質層の奥まで浸透し潤いを持続
ターンオーバーを促進させる
●肌の奥にコラーゲンを生成できる
メラニンの生成を抑える美白効果
●ホルモンバランスを整えて皮脂を調整

 

水溶性プラセンタはニキビ跡やシミ・黒ずみ
といった色素沈着を早く治す効果があります

 

 

 

⇒実際に使って感想をまとめました

 

 

ニキビ跡の赤みや色素沈着を消すにはターンオーバーがカギ

 

ターンオーバー、いわゆる肌の新陳代謝を促
進させる事でニキビ跡は消えていきます。

 

古い角質を落とし、新しい角質(肌細胞)を
作りだす事でニキビ跡の赤みはもちろん、
重傷のニキビ跡だって消えていきます。

 

背中のニキビ跡の赤みは軽傷のニキビ跡です
から、ターンオーバーを促進させる事で
比較的簡単に消えて無くなります。

 

ターンオーバーを促進させるには、水溶性プラセンタ等の成長因子を含んだ薬用保湿成分を角質層の奥まで浸透させる事

 

 

⇒実際に使って感想をまとめました

 

 

実際に使った背中ニキビ専用の薬用保湿クリーム

 

赤みを通り越して、色素沈着のニキビ跡に
発展してた私が使った薬用保湿。

 

使用者の91%の人が治った実績!

 

背中ニキビはもちろん、ニキビ跡さえも
短期間で消す事ができる薬用保湿クリーム

 

全額返金保証付きだから安心して試せる

 

●消えない背中のブツブツを消したい
●結婚式までに背中を綺麗にしたい
●とにかく早くニキビ跡を治したい

 

水溶性の成分が、角質層の奥まで一気に
浸透して、短期間で炎症を抑え、
ターンオーバーを促進させる効果。

 

 

⇒実際に使って感想をまとめました