背中 シミ

背中の茶色いシミが恥ずかしい|少しでも早く薄く目立たないようにしたい

背中の茶色いシミが恥ずかしい|少しでも早く薄く目立たないようにしたい

背中の茶色いシミがどうやっても消えない。
肩から背中にかけてシミが大量に目立ち、
人に見られるのがホントに恥ずかしい...。

 

背中のシミが発生する原因は主に

  • 背中ニキビの悪化
  • 日焼けのし過ぎ(若い頃とか)

が挙げられます。

 

背中のシミ・黒ずみ・ニキビ跡などは、早く対処する事が大切です。肌奥まで浸透してメラニンを排除する薬用クリームを塗ると、3〜4ヶ月くらいで早く消す事ができます。

 

 

⇒実際の私の写真|3ヶ月でここまで完治

 

 

 

 

 

背中のシミを治す方法とは?

 

治りにくいシミを治す方法はシンプル

 

赤茶色や黒いシミを治すためには、
角質層の奥に染みついたメラニン色素を体外
に排出させる事で綺麗に治す事ができます。

 

本来、肌にはターンオーバーという機能があ
ります。これは、簡単に言えば、肌が自分の
力で古く汚くなった角質を落とす機能。

 

若い人や肌がキレイな人は
このターンオーバーが正常に働いています。
肌の新陳代謝が活発で健康な状態ですね。

 

 

⇒実際に背中のシミとニキビ跡を治した結果

 

 

 

背中のニキビ跡やシミ・黒ずみを落とすには
角質層奥の炎症とメラニンを抑え、潤いを保ち、
肌のターンオーバーを活性化させる事。

 

ターンオーバーを正常にし、美白効果を与えると、シミの原因であるメラニンが排出され、白く綺麗な皮膚が生まれてきます。

 

色素沈着したニキビ跡も同じ。角質層奥の炎症を抑え美白し、ターンオーバーを整えると
炎症の赤みや茶色の色素沈着が消せます。

 

 

 

⇒実際の私の写真|3ヶ月でここまで完治

 

 

皮膚科やエステってどうなの?

 

背中のシミの原因が分かった人の多くは
エステや皮膚科に行って、ピーリングをし
ようか悩む人がいますが、この対処法は
人を選びます。

 

費用が高く治る保証はありません。
また、刺激が強く真っ赤に炎症を起こす人
も実際に多い治し方です。

 

ピーリングは強制的に肌の表面の角質を
剥がすので、敏感肌や乾燥気味の人には
刺激が強すぎて、ニキビやシミが悪化する
可能性が高いのです。

 

 

そもそも、シミやニキビ跡は、日焼けなどの紫外線の影響や、乾燥による皮脂詰まりが原因なので、この状態でピーリングすると悪化するのは明白です。

 

背中のシミや黒ずみ・ニキビ跡を早く治すなら、角質層の奥から炎症を抑えて、保湿を徹底する事で早く治っていきます。

 

ポイントは角質層の奥を修復する薬用成分。

 

肌の奥からうるおいを保つ事でターンオーバーは促進され、炎症を抑え、美白効果がある物ならばシミやニキビ跡は早く治ります。

 

 

⇒実際に使い、3ヶ月でここまで治りました

 

 

早く綺麗に治すには保湿が大事なんだけど...

 

背中のシミや黒ずみ、茶色いニキビ跡を治す場合、炎症を抑え、保湿する事で治りが早くなりますが、もうひとつ重要な事があります。

 

背中のシミやニキビ跡を治す場合の保湿は
無添加で浸透力が高く、メラニンの生成を抑える薬用の保湿クリームを塗る事。

 

シミのメラニン色素は角質層の奥に定着してるので、肌奥まで浸透する薬用成分が必要です。

  • 香りが良いだけの保湿
  • 肌の表面だけの保湿
  • 芸能人やセレブが使ってる保湿

などは角質層の奥まで浸透せず、炎症を抑えたり肌のターンオーバーを促進させてくれる効果はほとんどありません。

 

 

⇒薬用クリームを使い3ヶ月後|実際の写真

 

 

 

シミやニキビ跡を早く治す際の保湿は

  • 角質層の奥まで浸透する事
  • 炎症を抑えるグリチル酸配合
  • 美白・美肌効果のプラセンタ配合
  • ハリとツヤを出すコラーゲン配合

の物を使うと効果がすぐに出てきます。

 

即効性があるので、短期間で効果を実感
皮膚科やエステに通う事を考えれば
経済的にも安くケアする事ができます。

 

肌の奥まで浸透してターンオーバーを早く整えるから、塗るごとにシミやニキビ跡が薄くなっていくのが実感できます

 

 

⇒実際の私の写真|3ヶ月でここまで完治

 

 

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加